OKITA NORIHIKO WEB SITE

定例会一般質問


■ Q2: 呉市のまちづくりについて
地方分権の受け皿

市庁舎建設問題について
 市庁舎建設に関して、市民検討委員会を立ち上げたとの新聞記事を見て井手畑議員と2人で総務企画部を訪ね、石田部長にこの委員会は市民の意見を聞く会かどうかを尋ねたところ、この会は庁舎の機能について検討して貰う会で、市民の意見を聞く会ではないとの事でした。では、市民に対して庁舎建設についての説明会はやらないのか、せめて自治会長さんに対してでも説明会をやったらどうかと問うたところ、石田部長は次の様に言われました。「市長は前回の選挙の公約に市庁舎建設をうたって当選した。よって今更 市民にはこの件に関して説明をする必要はない、市民への説明をするのは議員がやらなければいけない」と言う旨のことを言われました。小村市長もこの石田部長の考えと同じかどうかお尋ねしたい。
JR呉駅東西2.2kmの連続立体交差事業について
 眼鏡橋から川原石駅までの間2.2kmの間、以前元竹川議員が提案していた事業ですが、この踏切解消事業にそろそろ手をつけられたら如何ですか。 呉市単独でも出来る事業ですが、県が主体としてやって頂くよう湯崎知事に申し入れされたらどうでしょう。東塩屋の鉄道のすぐそばが湯崎知事の故郷です。チャンスだと思います。
安芸灘大橋の島民通航料の負担について
 島民の方々にとって安芸灘大橋は生活道路です。呉市独自の財源をあて負担を少なくしていく事について市長の御意見は。
CO2削減に対する取り組みとその成果について
 田中良子議員の質問で大体お答え頂きましたが、市役所関係の施設に設置されている自動販売機を取り外して節電効果を図ったらどうでしょうか。
国道185号線の渋滞に対策について
 朝夕特雨の日ともなると私の家から市役所まで通常40分もあれば十分到着するところが、1時間〜1時間30分位かかります。この問題を解決する方法としては、JR鉄道の南側に特に広交差点の南側〜新日本造機〜虹村ポンプ場まで道路を拡幅したらどうでしょうか。そうすれば、博の名田地区、長浜地区、小坪地区、戸田地区の人達は185号線に出なくても阿賀の先小倉まで抜ける事が出来ます。 又、以前岡崎議員が提案した阿賀マリノ埋立地から中国財務局までトンネルを抜くすばらしい案が実現すれば、利便性が高まり、街が生まれ変わってくるように思えますが、市長のこの案に対するお考えは。
駅ホームにエレベーターを設置し、JR西日本に寄付してはどうかについて
 安浦町のお年寄りが電車に乗り降りし、ホームを移動する時大変困るので是非、ホームにエレベーターを付けて欲しいとの要望がありました。 手荷物をキャリーバッグに詰め、階段を上がる時はまだしも、降りる時は先にバッグを投げて手摺を伝い下りるそうです。呉市が設置し、JRに寄付をし、管理はJRが行うと言う事で協議したらどうでしょうか。これも合併特例債が活用できる事業になると思いますが、市長御答弁を。
ページトップ