OKITA NORIHIKO WEB SITE

定例会一般質問


■ Q7: 建国記念日の式典を呉市主催にすることについて

 「建国記念の日」の式典を呉市主催にすることについて、2月11日は皆様もご存知の通り、日本国の誕生日である「建国記念の日」であります。 明治政府は2月11日を紀元節として定め祝日としたが、先の敗戦後、GHQ(連合国軍司令部)により廃止された。 軍国主義排除の名の下に、神話につながる建国の説話を遠ざけるかのような学校教育が行われ若い世代から祖国愛の目が摘まれる結果にもなった。 昭和41年の祝日法改正で「建国記念の日」として復活しましたが、その後民間団体を中心に奉祝行事が行われてきました。 呉市では大之木英雄氏を中心に民間主催で行われていますが、先般、西岡参議院議長が管総理宛に「いやしくも国家の基本精神に関する国の祝日である以上、政府が率先してこの日を祝うことは、極めて当然のことであると思われる」との書筒を出し政府主催の祝賀式典を行うべきだと進言されました。
私も全く同感であり呉市は是非 市主催として取り組んで頂きたくと思うが、小村市長の御所見をお伺い致します。
ページトップ